美白目的で選ぶオールインワンゲルとは

美白目的でオールインワンゲルを取り入れる場合、予防のためならアルブチンがおすすめです。
天然植物や果実から発見された物質なのですが、シミやそばかすを作りたくないという人に最適であり、チロシナーゼの働きを抑えることで透き通るような肌へと導いてくれます。


日々の生活の中で紫外線や摩擦などの影響からチロシナーゼが活性化されてメラニン色素の沈着の原因になります。
アルブチン配合の美白用オールインワンゲルは肌に優しいことでも定評があり、敏感肌の人でも使用できるタイプです。
肌に刺激を与えるような成分が含まれていると、その成分の負担によって肌中のメラニン色素が増加してくすみが酷くなったり新たなシミが発生することもありますので、穏やかな作用であることは非常に重要なポイントです。


日焼け後の軽い炎症を起こした肌につけても問題はありません。
アルブチンには実は2種類あって、β-アルブチンはコケモモやナシなどの果実エキスから抽出された成分です。

オールインワンゲルの美白の口コミや評判を紹介しています。

天然成分で添加物が少ないのが大きな魅力であり、自然派を謳っている化粧品によく含まれています。



もう一つのα-アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合させて化学合成させたものであり、β-アルブチンよりもチロシナーゼを抑え込む働きは強力です。



作用に優れていても刺激はかなり少ないタイプですので、美白作用の大きさに関して力を入れているオールインワンゲルに配合されることが多くなっています。